CYCLE KIDS - サイクルキッズ

「TREK WORLD 2018」in 京都

2017年8月12日 作成者:

今年も暑っい京都で開催されました「TREK WORLD 2018」に行ってきました。

既にFacebookでは、いつものように主人が撮った映像を投稿しましたが、雰囲気、伝わりましたか?!

さて、私の方からはもう少しだけ追記・・・

 

毎年のように「もうこれ以上の進化は無いだろう」と思いつつ、会場に着いた途端に「ワァ〜〜〜ッ!」、これ、毎回です(笑)。

大きな会場に並ぶTREKの全ラインナップ。お勉強する場所あり、商品を実際に見て勉強するツアーもあり、カタログとにらめっこの真剣なディーラーさん、外では試乗。笑、私たちけっこう大忙しなんです!

 

そうそう、アルベルト コンタドール選手の実車が展示されていました♪

176cmの身長とは思えないフレームサイズ&ハンドル落差。悲しき古いタイプの日本人としては(短足胴長)、想像を超えたセッティング・・・・(そこに目がいっちゃった)。

今年はEMONDAシリーズが一新され、もっと軽く、そしてもっと強く、全てのライダーにご満足いただけるようなバイクになりました。何にしようか迷ったらEMONDAで決まりです!

 

私も愛用していますDOMANEは、実は昨年引退したカンチェラーラ選手がまだTREKのアンバサダーをつとめているそうで、ビデオレターでDOMANEについて、そしてこちらも新しくなったアルミシリーズについて語ってくれました。「クロスバイクの乗り換えや初めてのロードバイク、程よい前傾姿勢や安定性に優れたジオメトリーなどが、ライダーに自信をもたせ楽しいライディングに導いてくれる」・・・ほぉ、さすが!開発から関わり「我が子のよう」とまで言うDOMANEはカンチェラーラ、イチオシのバイクでした。

ジョンデゲンコルプ選手の特別カラーも実物はかなりカッコよかった!!!

 

さて、TREKといえばMADONEですよね。

今年は、アメリカ本社で開催された新製品発表会に出席されたライターさんから色々とお話を聞きました。

BIKEの方はこれから多数特集される色々な雑誌などを見ていただくとして・・・、まずは初めて訪れたTREK本社の規模と、清潔で洗練された工場内にビックリした!とおっしゃっていました(私たちも2回訪れていますが、全く同じ印象です)。その後は、各国のライターさんや元TREKチームのイェンスフォイクト(←個人的に大好き)と一緒にサイクリングをしたそうです。フォイクトはMADONEが一番のお気に入り。そして、今後は絶対にDISCの時代が来る!とも。ほっほぅ・・・いつかな?

それから、限定100台、別府選手の特別カラーも展示されていました。このTREK WORLDに合わせ帰国もされていて、色んなお話や夜の食事会にもビール片手に控えめにしていらっしゃいました、笑。ステキです♪♪♪

新型MADONEは特別なハンドル形状のため、金額的にも高額になり、またステムやハンドルの変更がしにくいというマイナス面もありました。ところが、既に発表されているように、ステム&ハンドルが通常のものも使えるようになり、DHバーなどが装着できるのでトライアスロンなどでも使いやすくなりました。日常の練習からレースまで一台で全てこなせる。素晴らしい〜〜〜〜!

 

テクノロジー満載のMTB、通勤や通学、シィティライドやフィットネスに使うクロスバイクはよりスタイリッシュに。キッズバイクも手を抜きません!

そして、なんと言ってもいよいよ日本に上陸「Eバイク」、電動アシストBIKEです!日本の法律では25kmが最大パワーのようですが、なんとアメリカでは45km、1000ワットくらい出ちゃう。電動バイクならプロ選手の最も高い出力に近いところまで体感できるそうです。

 

えっと、盛りだくさん過ぎて結局全てをお伝えしきれません。ぜひ店頭にて新しいTREKそしてBONTRAGER商品をご覧ください!

 

最後に。

これだけ素晴らしい品物を世に送り出すには、どんなにメーカーが立派であっても、私たち販売店が力不足ではダメなんです。今年もトレックジャパンのスタッフの皆様(本当に優秀なプロ集団)にたくさんのアドバイスをいただき、また一歩大きく前進できそうな自信がつきました。大切なこの日にカメラは持って行ったもののバッテリーを置き忘れるという大失態をしてしまうオッチョコチョイの私と(ということで写真は全て携帯です、涙)いつも冷静で黙々と常に手を動かしている几帳面な主人の二人で、2018年モデルのTREK&BONTRAGERを皆様にお届けします!お楽しみに♪

IMG_5732 (1) IMG_5734  IMG_5836 IMG_5834 IMG_5751 IMG_5725

 

 

 

 

ページトップへ移動

「しまなみ海道」を、もっと詳しく♪

2017年6月5日 作成者:

我が家の恒例行事となりました「しまなみ海道サイクリング」。

今年も5月16日(火曜日)の深夜に出発し、水曜日は「しまなみ海道」のほぼ真ん中(大三島)で一泊、木曜深夜に電車に乗って、金曜日の早朝到着し、いつも通りCYCLE KIDSをオープン!

 

なんともせわしない、強行スケジュールではないかと皆さんに言われますが、移動は寝台車を使うので横になれるし、島で一泊するから体力も十分に回復、強いて言えば、帰宅したその日は眠いというより楽しすぎた時間から現実に戻るのが難しい・・・笑!

今回で4回目となりましたが、なんでそんなに行きたくなるんだろう?

実際に、少々旅費が家計を圧迫しますし、自転車に乗って楽しい季節は正直CYCLE KIDSの作業に追われ、特に主人は体力的にも限界の時。でも、とにかく電車の切符と旅館をゲットできればなんとかなる!(なんとかする!)そんなギリギリの気持ちで行っています。もちろん行ってしまえば後は楽しむだけですので(^∇^)

しまなみ海道の全てに充実した施設や案内があるからストレスフリー。旅人に優しいっていうのがリピーターになる一番の答えでしょうか。

 

それでは詳細を。

深夜11時40分に、沼津駅から寝台列車(サンライズ瀬戸)に乗りますが、駅までは毎年友人に送ってもらっています。夜間の走行に慣れていない私がリクエスト。深夜だから車は少ないですが、電車に乗る前にケガでもしたら嫌なので・・・。

寝台列車の切符は入手困難と言われていますが、平日なら一週間前でも今の所大丈夫です。でも、今年思ったのが「あきらかにしまなみ海道を訪れる人が増えている」。これからは旅館も含め、早め早めの決断が良いと思います。

 

では、なぜ寝台列車?

新幹線、という選択肢を何度も考えましたが、三島からだとアクセスが悪く、東京駅出発より到着が遅い。最大の理由は、自転車の置き場に困る。二人ならなんとかなりますが、大人数だと他の乗客の方に迷惑がかかるんじゃないかと気が気じゃない。その点、寝台列車は鍵付きの個室なので誰にも迷惑をかけることなく、しかも寝るスペースもしっかり確保できる広さ。列車内はシャワールームもあり!

実は、毎年ヒヤヒヤする出来事があります。それは、今治駅から高松駅までの急行列車に乗る区間。一番最初の年は、乗客の皆さんが席を譲ってくれたりしつつ、窮屈ながらもなんとか座ることができました(乗車時間は約2時間)。次の年からは、おそらく喫煙スペースだったところが改装されて自転車置き場になっていてゆったり座れました!次の年も同じ車両だったので今年も・・・と思って乗ったら、携帯電話などが使えるフリースペースに変更。「2時間デッキか・・・」と泣きそうになっていたら、車掌さんが「近くに居てくれればここに置いていいですよ」と。助かった!

でも、来年はこの区間の作戦を練り直すつもりです・・・。

 

旅館は?

しまなみ海道周辺の旅館さんはドコも自転車に慣れています。とても大切なものだということを。私達がいつも行く旅館さんは、鍵付きの立派な自転車専用ガレージ付き。洗濯機も貸してもらえるので、二日目も清々しく走れます、笑!

けっして自転車に詳しいわけではないんですが(西洋の自転車はスタンドもついてないのねぇ〜、なんて言うくらい)、必要な物は全て整っています。ご飯も美味しい!

 

2日間のんびり走って、見て、食べて!約135kmの走行でした。まだまだ伝えきれない楽しみがいっぱいですが、後はどうぞ店の方へお越しください。もっともっと経験談をお伝えしますよ〜。

ちなみに「また行きたい」という気持ちが大きく、主人と「秋頃行っちゃう?」なんて言ってますヽ(*^^*)ノ

 

IMG_0468

 

ページトップへ移動

5月!(久しぶり〜)

2017年5月1日 作成者:

日本中がゴールデンウィークで楽しんでいるようですが、CYCLE KIDSはいつも通り営業しております(笑!)。

 

さて、私の原点でもあるこの日記。最近はFacebookに頼りきりで、全然更新していませんでした。パパッとできるSNSは今では当たり前の時代ですが、当店がオープンした頃はパソコンも携帯電話も恐ろしく高価なものでしたよ(古っ)。私達の言葉を伝えるために「書」を展示しちゃったりしてました(書は私担当。主人は手書きの新聞なんかを作ってました。ドコにそんな時間があったのでしょう?)完全にアナログです(^▽^;)

あれからウン10年、時代が確実に変わったなぁ〜と思いつつ、その時間よりもこの1〜2ケ月の時間の流れの方がはるかに速度が増しているように感じます。時代に追いつくのに必死です(笑)。

 

さて、そんな短い日記をお休みしていたほんのわずかな時間にも、まぁ色々ありました。

一番の出来事と言えば、この春の時期になると毎年ある悲しい別れ・・・。転勤などでお引越しされる方が多いのです。仕方ないことですがやはり寂しいですね。引越し前に「最後のメンテナンスを」そう言って頂けるお客様との別れ・・・辛い(涙)。

自転車は販売したら終わり・・・そうでは無いとつくづく感じます。お客様との出会い、大切な時間です。

 

最近、オリンピックの関係で伊豆がにぎやかになってきました。と、実感できるようになってます。伊豆をアピールする動画ができました。なんと!他言語対応。少しだけ私達も映っているんですが、その映像を見ると本当に美しい、素晴らしい!編集の力(笑)は否め無いにしろ、やっぱり伊豆は良いところ。この春、この土地を離れた皆様にも、この動画をみて懐かしく、また遊びにきてくれると嬉しいなぁ〜、そんな風に思いました。

動画はyoutuubeで発信しています!

https://www.youtube.com/watch?v=s-WYVl1tid0

ページトップへ移動