CYCLE KIDS - サイクルキッズ

狩野川

2019年10月27日 作成者:

2000年、「伊豆新世紀創造祭」という行政の取組の一つとして始まった「狩野川100kmサイクリング」は、都度その行政に翻弄されながらも熱意ある人々により受け継がれ、現在は「ライド&ライド伊豆狩野川」という名前もイベント内容も変化しつつも「狩野川を起点」という所は一切のブレ無く続いています。

 

CYCLE KIDSとしては、2000年のスタート時、参加者として関わるつもりが「参加するなら手伝って!」という以来を受けてから現在まで何らかの形で関わらせていただいています。そんな事もあり、狩野川についての知識も少しづつ増えていきました。

そもそも、このサイクリングイベントの開催日は過去の「狩野川台風」の時期であり「慰霊」の願いもこめたイベントでした。でも、いつしか主催者なども変わる中忘れてしまっていたのかもしれません。

 

先日、「狩野川台風並み」と報道された台風19号は伊豆を直撃し、雨量は全国で2番目、過去の狩野川台風より多い雨量だったそうです。それでも狩野川自体は大きな被害も無く氾濫もありませんでした。残念ながら狩野川へ続く支流域は狩野川の水量増加により行き場を失い多くの被害が出てしまいましたが。そういった事を踏まえると狩野川は100点の河川ではないようですが、もしこの川が氾濫していればもっと多くの、そして当店も被害があったでしょう。ちなみに、過去の狩野川台風の時、当店周辺も水に沈んだそうです。その時の光景を鮮明に覚えていた方に教えて頂きました。

 

台風後約10日経った先日、いつものように狩野川河川敷のサイクリングをしました。

当店のお客様達も、台風が過ぎ去った次の日から様子を見に行き、私達にその光景を教えに来てくださいました。皆「ギリギリだった・・・」と。中には「後1時間雨が降っていたら分からなかったね」という方もいらっしゃいました。

私達も実際に河川の様子を見て言葉を失うような場所もあり、怖かった、助かった、頑丈な堤防があってよかったなどなど色々な感情が溢れてきました。でも、救いは既に復旧作業が行われていたこと。泥や大木の撤去作業、中にはドローン撮影で詳細なデータを撮っている方達も。

 

今までも護岸工事やメンテナンス作業をしているのを何度も見かけましたが、これだけの人達が作業をしているのを見たのは初めてでした。

そして、ただただ「ありがたい」そんな気持ちになりました。

これからも「狩野川」サイクリングをするでしょう。堤防のメンテナンスで通行止め、そんなことにも遭遇するかもしれません。でも今までは「早く通してほしいなぁ〜」と思っていましたが「ありがとう、お願いします!」に気持ちが変わります。

狩野川流域も含め、これからも穏やかな暮らしができるよう心から望みます。

 

明るい話題じゃなくてゴメンナサイ。でも過去の経験が今回の助けになったように、今回の経験を未来に生かしてほしいです・・・。

大好きな狩野川が元どおりになるのを楽しみにいています。多くのサイクリストの願いでもありますね。

ページトップへ移動

26回目の9月

2019年9月3日 作成者:

本日、26回目の開業日を迎えたCYCLE KIDSです!

この日を迎えると、一番に思うのが「ちょっとだけ自分で自分を褒めてあげよう」。

 

笑、ちょっと甘いと思いますが、まさかここまで続くとは思っていなかったし、毎日不安との戦いで過ごしてきたからです。

どちらかと言うと期待いっぱいでスタートしたわけではありませんでした。なんとかなるかな・・・苦笑。

そのくらい甘い2人、若かったなぁ〜〜〜。そして、その頃の自分に言ってやりたい!たくさんのお客様に助けられなんとか続けられるよ。でも先は長いぞ!!!と。

 

今は「最近の若い人は」なんて一丁前に言ってしまう歳になりました。でも、今回新しいロゴの制作にご協力頂いたのは、20代〜30代の方。そんな方達を見ると尚更自分達は幼かったなと思います。

随分遠回りをしたし、遅れをとっているのかもしれません。26年経ってもなお「まだまだ」と思える理由です。

 

世の中も刻々と変化しています。そういう時代についていく事も大事でしょう。

でも先ばかりを追いかけるのではなく「今までの経験を糧に、これからも丁寧な仕事をしていこう」と話し合いました。

これからも派手なことをしたり大きな波は立てられないCYCLE KIDSですが、2人でできる範囲でしっかりと皆様のバイシクルライフを支えていこうと改めて決意いたしました。

 

普段はこんな気持ちを皆様にお伝えすることはありませんが、今日だけは、27年目のスタートだから、チョットだけ・・・、笑。

 

それでは、27年目もどうぞ宜しくお願い致します!

 

常に冷静、丁寧な作業がモットー、オーナーのヒロシと、頭の中は常に楽しい事ばかり考えているクミさんより。

ページトップへ移動

新時代

2019年8月3日 作成者:

今年も発表になりました、TREKの2020年モデル!

 

展示会場ではTREKらしく新しいテクノロジー満載のBIKEが並び、まずは感心(笑)。でも一番ビックリしたのが、展示車の全てがディスクブレーキだったこと。

頭では「この時代がいずれ来る」と分かっていても、現実的に目の当たりにすると「新時代だ・・・」なんてチョット感傷的に。

まぁまぁ長くこの世界にいますと、今までも同じような歴史がありましたが、久しぶりに自分に対して「受け入れなくては!」と脳に一所懸命伝えている感じがします、苦笑。

 

しばらくは今のまま十分楽しめますが、5年後?10年後?パーツメーカーの供給はどうなっているのか。

今回のロードバイクにもディスクブレーキ、というところでは色んなご指摘がありますが、TREKの言うところの「安全」に関してはディスクブレーキを受け入れるべきなのだと思います。そう、TREKは「安全」「快適」に重点を置くことを宣言しました。この点については私も同意見。楽しいはずのレジャーでケガなんて絶対に嫌!!!(でも十分に軽いんですけど)

と、色々言ったところで、時代は勝手に変わりますから受け入れるしか仕方ないんです。はい。

 

それにしても、本当に毎年色んな新製品が発表されて、ビックリ。

E-BIKEの進化も止まりませんよ〜〜〜♪

2020年もTREKとCYCLE KIDSをお見逃しなく!

ページトップへ移動

カレンダー