CYCLE KIDS - サイクルキッズ

11月

2016年11月4日 作成者:

いや、早かったな10月も・・・。

 

暑く、雨ばかりの日々が終わったと思ったら、秋を越えて冬に突入しそうですね。今朝、北海道在住の友人から早くも雪で覆われた景色の写真が届きました。何日か前から少しずつ降り始め、今朝真っ白になったと・・・。信じられない・・・!

ここ三島は年間通して自転車に乗れる、もはや天国です。ありがたい、本当にありがたい!!!

 

実は、2月にイベントを予定しております。主催は当店ではありませんが、私達は企画とお手伝いをさせて頂く予定。今までとは違うチョッと変わったサイクリングになる予定です(なんだ、なんだ!?)。笑、もう少し具体的に話が進んだらイチ早くお知らせしますねぇ〜〜〜。

寒暖の差があり、体調を壊しやすい季節ですが、自転車に乗って体力つけましょう!

そして、寒さに負けない身体、作りましょう!!!

2月にイベントありますよぉーーー!

ページトップへ移動

10月

2016年10月1日 作成者:

目まぐるしい9月をなんとか乗り越え・・・10月!

今朝カレンダーを変えようと思ったら8月のままでした。9月は手元のカレンダーだけで過ごしたようです(そんなに余裕無かったのか、笑)。

 

さて、そんなドタバタの中、元気をもらったかなり嬉しい報告。

8月の夏休みを利用して、三島から福岡までの自転車旅をした高校生君からお土産を頂きました。「報告が遅くなってゴメンナサイ、なんとか無事に行ってきました」と・・・。

残念ながら顔出しは「恥ずかしい」とのことで、ノートラブルで頑張った自転車とお土産。何より一番頑張ったのは高校生君!

でも、軽く事件です。

未成年ということで、野宿もネットカフェなどの宿も使えず、お父様が福岡までの宿泊先を用意してくれたのですが・・・、その宿から宿までの走行距離が毎日100km以上。さすがの高校生の体力でも荷物を沢山積んで走るのはキツイ!しかも8月の真夏。

初日、宿にたどり着いたのは日付が変わって2時くらい?

次の日も、その次の日も。遅い時間にホテルに到着、次の日は朝早く起きられない。連日、深夜にホテルへ・・・という過酷な状況でなんとか福岡に辿りついたそうです。

夏休みの時期だし、宿泊先を先々まで確保するのは重要でしたが、本人達も「なんとかなるだろう」ということで出発してみたら・・・。

(毎日夜中まで走っていたのに「補導されなくてよかった」と言っていました)

 

最終的に無事到着し、親戚のお家を拠点に少し遊んで「帰りもキツカッタ」と、自転車は送って、お金が無いから自分達は青春18切符で。まさに青春ですね〜(^_^)

 

そんな状況なのに、しっかりお土産と報告をしてくれて・・・泣けます。

以前にも九州の柚子こしょうを頂いたことがありますが、九州の名産なんでしょうか。なんにせよ、勿体なくて空けられません。

 

最後に・・・高校生君には、旅の途中で色んな出会いを体験して欲しかったのですが、毎日夜中までの走行ではそのようなことは無かったそうです。でも、走る途中でサイクリストの皆さんに「頑張れ!」と声をかけてもらったのがとても嬉しかったとか。

笑、あなたもこの夏から立派なサイクリストですよ!!!

 

img_4535 img_4536

ページトップへ移動

過去と未来

2016年9月15日 作成者:

昨日は、シマノのディーラーショーに行ってきました。新商品などの説明を見て&聞いたのですが、その中で「電動BIKE」というワードが頭から離れませんでした。

 

ちょうどお客様と「年とっても楽しくサイクリングするなら、電動もありかなぁ〜」なんて話をしていたんです(笑)。ガッツリ電動ではスポーツにはならないかもしれないけど、軽くて、長持ちして「ココ!」という時だけアシストしてくれる・・・そんな都合がいいBIKE、「あるといいよね〜」。

 

その後、上野の国立科学博物館へ。

なぜかと言うと、単に好きなんです。この場所。

日記のタイトルと同じ「過去と未来」がいっぱい詰まった場所。世界遺産になったお隣の西洋美術館に目もくれず、閉館ギリギリまで楽しみました。

太陽系ができた46億年前の物とするズッシリ重い「隕石」の実物を、持たせてもらいました!2年前のロシアに落ちた隕石の一部も見せてもらいましたよ〜。(手が震えて写真はブレてます、苦笑)

宇宙の誕生から、今の人の暮らし、そして未来。人間って・・・ちっちゃい!

 

東京駅もよく見ると、過去と未来が混在しているなんとも幻想的な場所。

過去を知ってこその「今」そして「未来」。自転車業界の数年後はどうなっているんだろう。ワクワクした一日でした\(^▽^)/

 

img_0073 img_0071 img_0067 img_0062 img_0061

ページトップへ移動