CYCLE KIDS - サイクルキッズ

ポカーン

2015年3月31日 作成者:

Facebookを見て下さった方は既にご存知かと思いますが、当店前に置かれていたサイクルスタンドがどこかに行ってしまいました(これを盗難と言うのでしょう)。まずは「このような物が盗まれる訳が無い」と確信していたので、無くなっている事実に気がついた時「怒り」とか「悔しさ」などという負の感情は全くありませんでした。どちらかというと「あれっ?」と・・・。

主人も私もお互いに「どこかに仕舞っているんでしょ」くらいにしか思えず(苦笑)。

 

時間が経つに連れ「なぜあんなに大きい物が!!!」「何に使うの??!」えーーーーーーーーっ???????????!

 

Facebookを始めてから3ケ月ほどですが、この投稿を見てくださった方はいつもの投稿の何倍にもなり、まだまだ何倍にも膨れ上がっています。きっとサイクリストの皆様は同じように心を痛めてくれているのかもしれません。そして、やはり盗んだ人は・・・きっとサイクリストじゃ無い!と確信しています。

今でも、近所に出かける時は物陰を覗いたりしていますが、まぁ見つからないでしょうね。これからは、今まで以上に気をつけるようにします。皆様、本当にお騒がせしました。そしてご協力くださった皆様、ありがとうございました!

ページトップへ移動

¥1,000,000・・・!

2015年3月22日 作成者:

お久しぶりの日記です。

3月になり、グッと暖かくなってきっと忙しくなるーーーっ!と思っていましたが、花粉症はひどくなるし、冬より冬らしいくらい気温が低くなったりで体調がビミョーになったり、そして、先週末からテレビ番組の撮影の話が舞い込んできたりして「てんやわんや」でした〜(撮影は20日に行われました)。

 

世の中には色々な職業がありますが、テレビの世界も独特ですね。なんかテンションが違う(笑)。あっ、こちらが「のんびり」すぎるのかっ!!!

でも、今回は全国放送の番組だったので「お金と時間は少し多め?」という感じがしました。話したいエピソード、いーーーーーーーーーーーっぱいありますが、それは私に直接聞いて下さい(フフッ)。タレントさんも想像通り、想像以上、そして・・・(フフフフフッ)。

ちなみに「品川祐さん」のTwitterにダメなはずの撮影情報が載ってましたので、気になる方はこちらを(探してね)。

 

さて、いつものCYCLE KIDSに戻り、店でお客様をお待ちしつつ「今度の休みはドコへサイクリングに行こう?」と考える毎日を過ごしたいと思います。

以下、TREKの太っ腹企画!

(私も応募したい!・・・ダメですけど)

 

【100万円のバイクが当たる!】
本日から春のクラシックシーズンの開幕を記念して、メールアドレスの登録だけで100万円のカーボンロードバイクが抽選で1名様に当たる『CHOOSE YOUR WEAPON キャンペーン』開催です!バイクのチョイスはあなた次第!最強の武器を手に入れよう!<メルマガの登録が最初に必要みたいです>

http://www.trekbikes.co.jp/jp/ja/promotion/choose_your_weapon_2015_signup/

P713QLgRCqduN-dvJ1WXS3OYaWcZIyZfR_rSD2U0IsY

ページトップへ移動

指導

2015年3月2日 作成者:

2020年、日本でのオリンピック開催、楽しみですよねぇ〜。

自転車のトラック競技は、サイクルスポーツセンターの(伊豆市)ベロドローム開催がほぼ決まったようで、こんな近くでオリンピック競技が行われるなんて夢のようです!

 

ところで、残念ながら、これからオリンピックを目指して頑張るはずの中学生や高校生の指導者不足、人数も知識も経験も足りないと思えるような出来事がありました。

ある学生さんに新車をご購入頂きました。クラブに入っているというので、細かいセッティングなどは先輩や顧問の先生がいるから安心!と思っていたのですが・・・聞いてビックリ。特に細かい指導は受けないとのこと。

一番「ダメでしょ!」と思ったのは「痛み」の原因と治療を放置していたこと。まだ成長期でもある学生さんなのに・・・

実は、私も学生時代にスポーツにのめり込んでいたのですが、全国大会に毎年出場するようなクラブなのに指導者は卒業生の先輩の方々。今思うと本当に怖い話です(よくそれで大きい大会に出られたなぁ)。そして、私、生活には全く支障はありませんが少しだけ障害が残ってしまいました。

 

そんな経験もあって「なんとかしてあげたい!」と・・・。

 

「指導」する、という気持ちはありませんが、Trek Precision Fitの経験を生かし、なんとか今の痛みから解放させてあげ、今後はもっと競技の面で成績が伸びるようになってくれるようお手伝いしていきたいなと思いました。

2020年、もうすぐなのに・・・。いいのか?!

ページトップへ移動