CYCLE KIDS - サイクルキッズ

Emonda(エモンダ)

2014年8月5日 作成者:

せっかく試乗してきた「Emonda」の感想、お知らせするのを忘れてました〜〜〜。

 

「Emonda」とは、フランス語の動詞で「削ぎ落とす」という意味だそうです。フレームの形状は今までの「Madone」のような斬新な、また「Domane」のようなアッと驚く仕掛けもありません。いたってシンプル。最初見た時は「何だ、前に戻っただけみたい」、感動はちっぽけな物でした。

 

さて、京都で行われた「TREK WORLD」にはTrek Factory Racingの別府選手がゲストとして来ていました。実際にレースでも使っているこのEmondaへの感想が生で聞けるとなると・・・ま、良いってことを全面に言うよねぇ〜。

でも、その表現力に「おっ?!

 

別府選手曰く「その乗り心地はエレガントで、まるでペガサスに乗っているよう」

 

・・・、私にはエレガントという言葉に縁が無く、またペガサスと言われても感性の乏しさからピンと来ませんでしたが(スミマセン)、きっとこの感覚こそ「Emonda」なのかと、後で実際に乗ってみて感じました。

 

さて、ここからは感性乏しい私の意見となりますので、その旨ご了承ください(笑)!

 

「Emonda」のフレームは3種類「S」「SL」「SLR」。

「S」シリーズは、コンポグレード違いで¥190,000(税込)〜¥299,000(税込)

「SL」シリーズは、¥299,000(税込)〜¥550,000(税込)、フレームセットは¥250,000(税込)

「SLR」は¥525,600(税込)〜〜〜

 

「S」シリーズは女性の方でも乗れるような優しいカーボンバイクと言ったところでしょうか。これでホイールをグレードアップすれば完璧?とも思える一台でした。そして「SL」シリーズ。

「S」とは違う乗り心地に、これまたビックリです。「軽さと乗り心地」を備えた「Emonda」を一番体感できるグレードだと思いました。

そして「SLR」。価格から言っても良くない訳が・・・ない(笑!)

ただ、やはりハイグレードなモデルですね。私には少し勿体ないかな〜。

ちなみに、女性専用設計の「SILQUE」は、バイクコントロールが苦手な女性でも安定して乗れる、乗り心地抜群なバイクだと感じました。

 

とにかく、モデルもたくさんあるし、そのモデルの中でも選ぶ基準はさまざま。

結果、選べ過ぎて困る!

でも、そこが嬉しい!!!

そんなTREKは、MTBもクロスバイクも子供車もツーリングもトライアスロンも、いっぱい種類あり!

たまらーん!!!(笑)

何を選んでいいか分からない皆様、あなたにピッタリな自転車を私と一緒に選びましょう。お付き合いしまーす!!!

 

ページトップへ移動